採用情報RECRUIT

人と仕事

施工スタッフ

建築塗装藤井雅広2017年入社

地元の様々な建物の塗装に関わることができ、
幅広い塗装方法を身に付けられるから面白い

入社理由

大府事業部の所長に声をかけていただいて転職

橋梁の塗装を約16年やっていて、その後転職して、協力会社として中部岩佐塗装の仕事に約4年関わってきました。その会社を辞める時に「ウチの会社で働かないか」と声を掛けてもらったことが、当社に転職したきっかけです。塗装の経験は20年位あったのですが、吹き付け塗装がメイン。今やっている建築塗装は刷毛やローラーを使って塗ることもありますし、水性のペンキも初めて使うので、最初の頃は戸惑いました。初心に返って、先輩にコツを聞きながら技術を磨いているところです。

仕事内容

塗る場所全体を見て、キレイに仕上がるようにしています

大手メーカーの工場をはじめ、様々な建物の塗装をしています。壁を塗ることもあれば天井を塗ることもある、エアレスの吹き付けやローラー塗り・刷毛塗りなど、現場に合わせて様々な方法で塗っています。ローラーに慣れない頃はペンキの量や力の入れ具合によっては筋ができたり、塗りムラができたりしましたが、今では壁や天井の全体を見て、均一に美しくなるように注意をしながら作業が進められるようになりました。それでも自分ではOKだと思っても、先輩が見ると色々と指摘されることもあり、奥が深いですね。
転職して1年くらいたった時に職長に昇格しましたから、最近は自分の仕事をするだけでなく、協力会社の職人さんたちの管理も任されるようになりました。塗装の仕事はチームワーク。必要最低限の規律は厳しくしながらも、みんなで楽しく仕事ができるように心がけています。

印象的な
エピソード

様々な建築現場に行けるのが楽しい

前職の橋梁の塗装でも、建設機械の塗装でも、毎日同じ場所で仕事をしていました。今の建築塗装の仕事は、担当している現場が完成すれば次の現場へと様々な場所に行けますし、色々な現場監督さんや職人さんと仕事ができるので、楽しいですね。私には、この方が合っています。
そして地元に密着した会社だから、身近な場所の建物の塗装に関われますし、その建物が何十年も残っていく、これも建築塗装の仕事をして良かったと思うことです。
もっと経験を積んで、建築塗装のことならどんなことでも、すぐに答えられるようになることが、今の目標です。

募集要項はこちら 

建設機械塗装井上 皓正2013年入社

塗る素材や気温、湿度で仕上がりが変わる!
条件が毎回違うので、面白い

入社理由

塗装って、奥が深い!

生産ラインでの組立作業のように、毎日同じことの繰り返しの仕事はしたくないと思っていました。塗装は、寒い時は塗料が流れやすく、暑い時は早く乾いてしまってムラになりやすい。温度や湿度、塗る場所の素材など、毎回条件が変わるので、飽きることはありません。塗装って、奥が深い。自分にすごく向いている仕事だと思います。

仕事内容

先塗りを担当。うまくいった時は最高の気分!

大府事業部には7職場・10作業所があり、私は中・大物を塗装する作業所でグループリーダーをしています。この作業所では、クローラクレーンを組み立てた後では塗装できない部品を先塗りしています。エアレス塗装機を使って、下塗り、上塗りと、塗装をしていくのですが、塗装する部品の大きさや形状などに合わせて、エアガンの最適な距離を決めていくことが、最初は難しかったですね。突起物があれば、塗り過ぎると塗料が垂れてしまいます。毎日塗って、塗って、塗りまくって、身体で覚えていきました。
また、季節や気温、湿度などによっても、塗装の最適条件が変わってきます。粘度カップという測定器を使って、最適な粘度になるようにシンナーの量を調整します。「これが流れるギリギリ……」という限界を見極めながら毎日調整をして、うまく塗れた時は最高の気分です。塗装って、本当に面白いですよ。やってみたら、私のように、メチャメチャはまる人もいると思います。

印象的な
エピソード

環境の整備に力を入れています

働く環境を良くするために、会社を挙げて取り組んでいます。衛生管理責任者が毎日職場を巡回して、空気の流れが良くなければフィルターを交換したり、原因を追及して改善策を考えてくれますし、私もグループリーダーとして、安全委員会に参加して聞いた内容を、職場のメンバーにしっかり守ってもらえるように指導をしています。
また、国際技能競技会に参加して、2017年には3位になりました。2位とはほんのちょっとの差だったので、悔しいですね。でも、3位を取れたことで自信が付きました。これからも、もっと経験を積み、技術を高めて、塗装では誰にも負けない存在になることが、今の夢です。

募集要項はこちら 

建設機械塗装竹内 以織2013年入社

国際技能競技会に初挑戦で優勝!
取引先でも有名人になりました

入社理由

先輩が優しく教えてくれました

手に職を付けたいと思って、高校を卒業後自動車の整備会社に入社したのですが、上下関係が理不尽に厳しくて、すぐに退社。高校の同級生でもある井上から、「ウチの会社はいい会社で楽しいから、一緒に働かないか?」と誘ってもらったことが、当社に入社した動機です。転職して感じたのは、人間関係の良さ。「見て覚えろ」ではなく、先輩の皆さんが優しく教えてくれますし、上司にも自分の意見を言いやすく、とても働きやすい会社です。

仕事内容

1級仕上げも任されています

私は本体の仕上げ塗装のグループリーダーをしています。塗る場所によって、仕上げの等級が1~3級まであり、私が任されている1級は最低でも1年半~2年は経験しないと担当できません。塗る技術も必要ですが、すでに先塗りしている部分もあるので、その部分に塗料が付かないようにするマスキングも重要です。このマスキングも技術が必要で、様々な技術を習得することができます。
そして、お客様ごとに製品を仕上げるので、部分的にラインを入れたりデザイン的なご要望にも対応します。毎回異なるご要望にお応えして、いい仕上がりになった時は嬉しいですね。

印象的な
エピソード

優勝の経験をメンバーにも伝えていきたい

2015年の国際技能競技会に初参加で優勝しました。日本だけでなく、中国やインドネシア、オランダ、ロシアなどから代表が参加して、技術を競う大会です。片面は指定の色に調色して中塗りを行い、もう片面はメタリック塗装をし、調色の技術や仕上がりの美しさが評価されます。訓練を重ねたので自信はありましたが、初参加で優勝が決まった時は嬉しかったですね。
会場で見守っていてくれた所長がとても喜んでくださいましたし、所長と一緒に報告に行った社長からもお褒めのことばをもらいました。職場でも、住友重機械建機クレーン株式会社の幹部の人たちから「おめでとう、すごいね」と声をかけてもらったり、作業上の意見を求められるなど、いつの間にか名前が知れ渡りびっくりしました。こうした経験や技術を、メンバーにしっかり伝えて、職場全体のレベルアップにつなげていきたいと思っています。

募集要項はこちら 
pagetop