採用情報RECRUIT

人と仕事

営業・施工管理

営業・施工管理 主任衛藤 真2016年入社

最適な塗装方法を提案することで
お客様の信頼を得て、受注を増やしていく

入社理由

営業経験ゼロからスタート

以前、当社の職人として仕事をしていました。その後、違う仕事に移っていたのですが、部長から「今どうしている?うちで営業として働かないか?」と声をかけていただいたことをきっかけに、当社で正社員として働くことになりました。営業の経験はありませんでしたが、塗装の知識・経験があったので、それを活かせるのではないかと思ったことが、決め手でした。

仕事内容

大手ゼネコンを担当。商談から完成まで携わる

大手ゼネコンを担当し、新しい現場の情報収集から見積もり、受注後の職人さんの手配や現場での施工管理、お引き渡しまで、すべてを担当します。ゼネコンのオフィスを訪問して商談をするほか、工事現場の事務所で現場の監督さんとお話をすることもあります。
単純に、数多くの契約をいただければいいというわけではありません。年間を通じて途切れることなく、コンスタントに仕事ができるように、仕事量を考えながら受注を取れるように心がけています。施工管理では、お客様の図面に合わせて塗装工事を行うのが基本ですが、私たちから施工方法の提案をすることもあります。先日も吹き付けで塗装を行う予定だった現場で、隣の駐車場に塗料が飛散しないようにローラー工法を使うことを提案し、採用してもらいました。こうした提案を通してお客様との信頼関係を深めていきたいと考えています。

印象的な
エピソード

様々な建築現場に行けるのが楽しい

前職の橋梁の塗装でも、建設機械の塗装でも、毎日同じ場所で仕事をしていました。今の建築塗装の仕事は、担当している現場が完成すれば次の現場へと様々な場所に行けますし、色々な現場監督さんや職人さんと仕事ができるので、楽しいですね。私には、この方が合っています。
そして地元に密着した会社だから、身近な場所の建物の塗装に関われますし、その建物が何十年も残っていく、これも建築塗装の仕事をして良かったと思うことです。
もっと経験を積んで、建築塗装のことならどんなことでも、すぐに答えられるようになることが、今の目標です。

営業・施工管理渡辺 翼2015年入社

先輩たちと長いお付き合いがあるお客様相手の
ルートセールスだから、じっくり打ち込める

入社理由

伯父のすすめで入社を決意

前に勤めていた会社を辞める時に、千葉営業所で働いていた伯父から「名古屋に戻るのなら、中部岩佐塗装で働いてみないか」と誘われたことが当社に転職した理由です。理系出身で、営業をするとは考えていませんでしたが、当社の営業は施工管理も行い、最後まで携われることが面白いと思いました。

仕事内容

安心して任せられる職人さんが多い

私は地元のゼネコンを主に担当しています。当社では飛び込み営業は行わず、既に長いお付き合いのあるお客様に対するルートセールスが基本です。現場の監督さんたちとすでに信頼関係ができているので「次の現場もお願いするよ」と声をかけていただくことがしばしばです。
受注後は、現場に行って現場監督さんと工期や予算、どの場所にどのような塗装をするのかといった打ち合わせを行います。工事の内容が決まれば、職人さんの手配やスケジュールの打合せもします。
塗装工事の期間は規模によって様々。2~3週間で終わる案件もあれば、半年以上かかる大規模な案件もあります。でも、当社で長年仕事をしている職人さんが多く、忙しい時には「監督さんとの打ち合わせをやっておくから、他の現場に行ってくれていいよ」と言ってくれたりします。安心して任せられる職人さんが大勢いることも、当社の強みだと思います。
当社の営業は数字に追われるようなことはありません。しかし、どれだけ利益を出せるかを考えながら、工事を進めています。

印象的な
エピソード

最初の仕事でじっくり見た経験が役に立っている

私が一番印象に残っているのは、最初に担当した仕事です。そんなに大きな現場ではなかったので、職人さんも1人か2人で作業をしていました。まだ、営業を始めたばかりで担当するお客様が少なく、時間的余裕があったので、週5日のうちの3~4日はその現場に行って、職人さんの作業工程をじっくり見ることができました。前職では外壁材を扱っていたのですが、建物が完成するところまで見ることがなかったので、塗装が段々仕上がっていき、完成まで見ることができて楽しかったですね。
今の夢は、野球場やサッカーグラウンド、競馬場など、自分の興味がある建造物を受注し、塗装工事を行うこと。早く受注したいと思っています。

pagetop