会社情報COMPANY

ごあいさつ

技術力と信用が最大の財産

中部岩佐塗装株式会社は、建築塗装と建設機械塗装の2つの事業を50年以上に亘って展開してきました。その実績とお客様から頂戴している信用が、弊社の最大の財産です。実績と信用を支えているのは、長年の“技術力”であり、必要な人材を提供できる“動員力”だと考えています。

建築塗装では、スーパーゼネコン5社のうち4社とお取り引きをしていただいているのを始め、地元のゼネコン各社ともお取り引きがあり、名古屋を中心とする東海地域の主要なランドマークの塗装を数多く手掛けてきました。この地域は、これからも新築工事に加え、建て替えや耐震工事など、数多くの案件が計画されていますので、今後も安定した需要があると期待されています。

建設機械塗装は、大府営業所で住友重機械建機クレーン株式会社が生産しているクローラクレーンの塗装を、千葉営業所では住友建機株式会社が生産している油圧ショベルなどの塗装を行っています。こうした建設機械の塗装でも、高い塗装品質を実現する技術力で、お客様から高い信頼を得ています。
今後も、この2つの事業を柱に、さらなる成長を続けていきます。

居心地のいい会社を目指しています

そうした技術を支えているのは、“人材”ですから、人材の育成には力を入れています。技術というのは、一度身に付ければ一生使えるものです。そこで、様々な資格取得を通して、世界のどこに行っても通用する技術者の育成に取り組んでいます。

また、“動員力”を高めるためには、職人さんたちにしっかり指示・伝達をする必要があります。そこで、職人さんたちに途切れることなく仕事を用意して、安心して働ける環境を作るとともに、同じ品質を保つために弊社で材料や道具をすべて用意する体制を整えています。さらに協力会を作って、定期的に親睦会を開き、弊社と協力会社同士のコミュニケーションを取れるようにしています。これも、当社の強みだと思います。

そして、何よりも大切なのが“安全”です。人命に関わる事故は、お金で解決できるものではありません。だからこそ、絶対に事故を起こさないように安全衛生管理には、何よりも力を入れていきます。
弊社は厳しい上下関係もなく、先輩社員がしっかり指導する社風ができています。2018年2月には新本社ビルも完成して、職場環境はさらによくなりました。これからも、社員全員が安心して働くことができ、居心地のいい会社を実現することが、社長の私の役割だと考えています。

代表取締役社長 芳村 章
pagetop